【相場格言】休むも相場 見通しが良く分からないときにおすすめ

   


米トランプ政権は22日、鉄鋼とアルミニウムの輸入制限に続き、中国に対し知的財産侵害を理由に米通商法301条に基づく制裁措置を正式表明。

中国製品に最大600億ドル(約6.3兆円)もの関税を課すことを目指し大統領覚書に署名している。

これを受け中国商務省は23日、米国から輸入する豚肉やワインなどを対象とした対抗関税を行う準備をしていることを発表。

中国、米に対抗関税を準備 豚肉などに最高25% 商務省発表、3000億円分

米中貿易戦争への警戒感が高まり、ドル安・円高へ振れてますが、交渉がどう進むか分からない状況では、リスクオンとなる積極的な買いは入れにくいですね。

本日23日の日経平均株価は前日比974円13銭安と大幅に続落し2万617円86銭で取引終了。

日米政治不安や米中間の貿易摩擦への懸念に加え、為替の円高進行も重しとなり全面安となりましたね。

約5ヵ月ぶりに2万1000円台を割ってきていますが、しばらくは外交動向を睨んだ展開となりそうな感じでしょうか。

日本の個人投資家として有名なcisさんはこれだけ下がっても逆張りで買う気がしないようで、散歩に出かけられたみたいですね。

相場格言に「休むも相場」という言葉がありますが、見通しが良く分からないときは投資がリスクに繋がる可能性が高いと思うので、冷静に相場を見れるまで休むのも大切って感じですかね。

明確になってきた米国の保護主義政策ですが、クチコミサイトで評判がいい投資顧問が配信している株関連情報やアナリスト情報などをチェックして、今後どういった展開が予想されるか、できれば把握しておきたいとこではないでしょうか。

個人的にはcisさんなど、「チェックしておくべき株情報」でまとめているような影響力がありそうな人やサイトが配信している情報をチェックしたりしていますが、流れに上手く乗るにはやはりアンテナをしっかり張るのが大切だと思います。

注目銘柄の推移で株情報サイトが配信した銘柄の推移を書いたりしていますが、相場の福の神こと「藤本誠之」さんのラジオスポンサーをしている株プロフェットや、老舗顧問で長く相場の動きを見てきているイーキャピタルや、NTAA認定アナリストが多数在籍しているVIP投資顧問など、相場動向をしっかり分析し上値期待が高そうな銘柄情報を配信してきている印象なので、地合い悪化でどういう銘柄に注目すればいいのか分からないって人は、試しにでもアドレス登録(無料)して配信情報をチェックしてみることをおすすめします。

株業界で著名なアナリストやキャリアがある元証券マンなどが顔を出している投資顧問が配信する銘柄は、投資家の関心が向かいやすいのではと思われるのでチェックしておいて損はないと思います。

株プロフェットとか「急騰期待銘柄」を無料メルマガで配信ているので、まだ配信情報を見た事がないって人は、試しにみてみる良い機会ではないでしょうか。

いま急騰期待銘柄を無料で配信してます⇒

株はどんな地合いのときも情報戦です。

相場の流れに上手く乗れるよう、期待値が高そうな銘柄情報を要領良く集め取引していきたいものですね。

Twitter

Twitterはじめました⇒@kabuprosalaryma

参加ブログランキング

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

免責事項

※細心の注意を払っていますが、情報の正確性を保証するものではなく誤りがあった場合、一切の責任を負うものではありません。投資判断は自己責任にてお願いします。当サイトは銘柄への投資を推奨している訳では御座いません。予めご了承下さい。

Ads by Cueinc.

無料メルマガ限定情報の配信を希望される方は下記フォームにて配信先をご登録下さい↓↓



無料メルマガ限定情報の配信を希望される方は下記フォームにて配信先をご登録下さい。
↓↓

銘柄選びに困ったときにオススメ

1
チェックしておくべき株情報

チェックしておくべき著名ユーザーとしてcisさんやウルフ村田さんや岡三マンさんなどのツイッターアカウントが取り上げられたりしていますが、フォロワー数が日に日に増えていますね。 株ブログを書いていると、チェックしておいた方が良さそうな株情報とか何かないか聞かれた ...

 - 相場について